心がこもった手作りご飯を犬に食べさせよう【愛犬イキイキ】

共に暮らしやすい犬

見た目が愛らしい犬を飼いたい方はポメラニアンを選択しましょう。ポメラニアンは環境適応能力が高く、飼いやすい犬です。ポメラニアンを選ぶ際は性別を考えることも大切です。雌の方が大人しい性格をしていますので、室内で飼う時に向いています。

女性とドッグ

長く世界で愛されている犬

ゴールデンレトリバーは、おおらかで優しい性格であることなどを理由に、世界で広く長く愛されてきた犬種です。飼う上では、いくつかの病気に注意が必要で、主に「股関節形成不全」「外耳炎」「胃捻転」が知られています。特に胃捻転は命にかかわる病気であり、食後の運動や一気食いを控えることが予防につながります。

イヌのご飯を手作りしよう

ドッグフード

基本材料と保存法

犬のご飯も手作りできることが割と知られてきましたが、作る時には正しい知識をもって作りましょう。まず、用いられる材料で一般的なものは野菜と肉です。全体の三割を野菜、残りの一割を肉という分量にして水煮すると出来上がります。材料は全体的に、食べやすい大きさにカットすると良いです。硬い食材や筋又は繊維のある食材、きのこや海藻は細かくカットして用います。きのこや海藻は原型のまま用いると消化吸収されずにそのままの形で排泄されてしまうので、栄養をちゃんと吸収させるために細かくカットしましょう。見た目を気にしないのであれば、栄養バランスの考えられた材料を水煮して手作りご飯完成となります。しかし見た感じも美味しそうに仕上げたい場合は、犬の手作りご飯に関する知識がある人が考案したレシピを参考にしてみると良いかもしれません。犬の手作りご飯に用いることが可能な食材は実にたくさんあり、ケーキなどのスイーツからハンバーグや親子丼などのメニューも作ることができるのです。味付け及び栄養バランスとアレルギーには注意が必要ですが、知識が身に付いてきて慣れてきたら挑戦してみるのもありだと思います。犬の手作りご飯の保存方法は、冷凍保存になります。一日分であれば冷蔵庫、季節によっては常温でも可能ですが、数日分をまとめて作った場合は冷凍庫にしまっておきましょう。一回分に分けてしまっておくと、使う時に便利です。ただ、あまり長くはもちません。作ってから一週間以内には食べてしまうことが望ましく、解凍した際に臭いや色などで異変を感じたら与えるのは避けましょう。衛生的にはその日に作ったものが良いとされますが、事情の関係で作り置きする際は使い切るまでの期間と与える時の状態に注意することが大事です。

ドッグ

愛犬との快適な暮らし

ブリーダーが販売している柴犬には、特に人気があります。生後2〜3ヶ月までブリーダーに愛情を込めてしつけられているので、その後のしつけもスムーズとなることが多いからです。感染症やストレスで弱っているリスクが低く、さらには血統書がついていることが多く、それでいて中間マージンが発生しない分価格は安めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加