心がこもった手作りご飯を犬に食べさせよう【愛犬イキイキ】

長く世界で愛されている犬

女性とドッグ

こんな病気に注意

ゴールデンレトリバーは、イギリス原産の大型犬です。世界に広く知られており、大型犬というとまずゴールデンレトリバーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。そもそもは、水鳥漁のでハンターが撃ち落とした獲物を陸地に持ち帰る役割を担う犬として飼われていたため、賢さと忠誠心を持っています。性格としては、おおらかで優しいことが魅力とされています。また、友好的・社交的な一面を持ち、人懐っこいのもゴールデンレトリバーが人気の理由の1つです。さらに、大きな体をしていながら実はかなりのさびしがり屋で、家族と一緒に行動することが大好きというギャップも惹かれますね。これらの性格ゆえ、他の動物との共存も比較的しやすい犬種なので、小型犬や猫、その他小動物と一緒に飼っている方も多いようです。ゴールデンレトリバーを飼う上で、気をつけておきたい病気がいくつかあります。1つ目は「股関節形成不全」という股関節の形に異常が見られる病気です。生後4ヶ月頃から症状が現れるケースが多く、足を引きずって歩いていたり、腰を左右に振るように歩く様子が見られたら注意が必要です。遺伝性のものが多いようですが、肥満気味であったり、逆に運動のしすぎであったり、生活習慣が原因となる場合もあるようです。2つ目は、「外耳炎」など耳の病気です。耳が垂れているのが特徴的ですが、皮膚も比較的弱い傾向にあるため、定期的に耳のケアをしてあげることが大切です。そして最後に「胃捻転」という命にかかわる病気に注意が必要です。胃が何らかの原因でねじれてしまう急性の病気で、数時間で死に至ることもある恐ろしい病気です。食後すぐの運動を控えることや、一気食いをさせないことが予防につながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加